猛暑が九州の被災地を襲う!





九州の被災地は
道路の崩壊と多くの流木で
復旧作業にも入れない。


避難所での生活は猛暑
熱中症の危険も迫っている。


水道も電気も使えない、
蒸し風呂のような状況では

熱中症で倒れても病院に
行くだけでも大変だよ。





車やテントで避難生活を
送っている人もいるのだ。


猛暑で眠れないと、
疲れも溜って
身体に変調をきたしてしまう



仮設住宅も作りたくても
道路の崩壊と流木の多さで
つくれない状況なのだ。


再び豪雨や猛暑が来る前に
流木だけでも片付けたいね。

自衛隊の応援なしには
片付かないよ。



防衛大臣よ。
スムーズな命令が必要だぜ。



         



 カテゴリ
 タグ