日本の大災害は
南海トラフの前兆か?






日本の災害は
阪神淡路大震災や
東日本大震災以来で、

自然災害の規模が
大きくなっている。

大雨での被害、
台風での被害の大きさが
桁違いになっている。

生活のライフラインが
特にオール電化が増えて

電気への依存度が大きいので、
電気が不通になると
生活が成り立たなくなるのだ。





ライフラインの復旧には
行政と業者の
密な関係が大事で

最近の被害を見ていると
阪神淡路大震災や

東日本大震災以来の
大災害の教訓が
生かされていないようだ。





南海トラフに対しては
考えられるありとあらゆる
最悪な状況を想定しないと、

病院や養老院等の生活弱者は
命を落としかねないのだ。
 
市町村・県・国・業者の
一体となった対策の

在り方で生存率が
大きく違ってくるでしょうね。

南海トラフは必ずくる。
被害を最小限に食い止め

人命の確保に
全力を尽くすべし。


      

👀  👀  👀  👀