温暖化は早めに、早めに、手を打たないと、取り返しのつかな

   いことになるよ。

   愚かな人間の行動が、人類の滅亡にむかっているのに、自国

   の利だけを考えてる場合ではないのだ!  


ここで、コンピュータによる天気予報と温暖化予測の方法について

少し詳しく説明しておきましょう。数日の天気予報の場合は大気の

みの、温暖化予測の場合は大気と海洋を組み合わせた、シミュレー

ションモデルを用います。これらのモデルでは、大気や海洋の運動

やエネルギーの流れなどを表現する物理法則の方程式をコンピュ

ータで計算して、大気や海洋の状態の変化を時間を追って求めて

いきます。このとき、天気予報の場合には、観測データを基に今日

の現実の大気の状態をできるだけ正確に推定したものを初期条件

に用いるのが重要なポイントです。一方、温暖化予測の場合には、

初期条件は非現実的でさえなければどんなものでもよく、むしろ重

要なのは、将来予想される大気中二酸化炭素濃度などの変化で

す。これを時間とともに変化する外部条件(シナリオ)として与えな

がら計算を行います。


では、1週間先の天気予報はなぜあたらないのでしょうか。モデルが

完全でないこと、初期値に誤差があることもその理由ですが、より本

質的な理由は、気象が「カオス」の性質を持つことです。ここでいうカ

オスとは、単に「混沌」という意味ではなく、数学的に、方程式の初

期条件に少しでも誤差があると、それが時間とともにどんどん増幅

してしまう性質のことです。これをたとえて、「北京で蝶が羽ばたくと

ニューヨークの天気が変わる」のように言うのをあなたも聞いたこと

があるかもしれません。


しかし、ある期間の気象の平均状態である「気候」は、地球のエネ

ルギーのバランスなどの外部条件の影響により大部分が決まり、カ

オスである日々の気象はその平均状態のまわりを「揺らいで」いる

だけと見ることができます。すなわち、100年後の気候(例えば2071

〜2100年の平均状態)と最近の気候(例えば1971〜2000年の平

均状態)とを比べると、その変化は二酸化炭素の増加などにより地

球のエネルギーのバランスが変わるという外部条件の影響で大部

分が決まることが期待されるため、これを予測することには意味が

あるのです。なお、100年後の温暖化予測が実際にどの程度正しい

と考えられるかは、モデルの性能やシナリオの確かさによりますが、

その説明は別の機会にゆずります。


最後に、もしもあなたが数学的なカオス理論について詳しければ、

以上の説明は次のように言いかえたほうがすっきりとおわかりいた

だけるでしょう。「ある日の気象状態を位相空間の状態ベクトルで表

したとき、天気予報は状態ベクトルの変化を問題にするが、温暖化

予測はアトラクタの変化を問題にする。」

引用元=http://www-cger.nies.go.jp/qa/1/1-1/qa_1-1-j.html

   豆知識=こうちゃんの簡単料理は最高
引用元=http://blogs.yahoo.co.jp/boooy2005/

ジャガ鱈アンチョビソテー春日和
材料(二人前)
塩鱈切り身 2切れ(100g・さいの目にカット)
ジャガイモ 中2個(皮を剥いてさいの目)
菜の花 4本(茹でたもの・1cm程度にカット)
アンチョビフィレ 2枚
バター 10g
オリーブオイル 大さじ1
塩コショウ 適量


 

作り方
フライパンにバターとオリーブオイルをひいてアンチョビを崩し炒めます。そこにジャガイモと鱈を加えて中火程度で蓋をして蒸し焼きにして行きます。途中ざっくり混ぜこんで両面こんがりと火を通しましょう。ジャガイモに火が通ったら今度は蓋をとって炒めていきカリッと感をだします。味を見て塩気が足りないようなら塩コショウで味を調え、仕上げに菜の花を散らしてざっくり混ぜたら出来上がりです。
ビールが進む一品ですw菜の花で春よこいと願いましょう!


 

ポイント
アンチョビは塩気が強いので気をつけて味付けしてください。ソテーしてるときはいじり過ぎないように。ジャガイモがぼろぼろになります。焼き固めるようにじっくりとソテーするのがポイントです。
まだまだ寒いですけど春を感じたい菜の花ですw
 カテゴリ
 タグ