競馬  のカテゴリ記事一覧

温暖化が進み、異常気象がおおくなり、 日本の気候も熱帯気候に似てきており、 人類は温暖化の変化に対応できるのか?

カテゴリ:競馬  

競馬  のカテゴリ記事一覧。温暖化が進み、異常気象がおおくなり、日本の気候も熱帯気候に似てきており、人類は温暖化の変化に対応できるのか?
No Image

競馬  
               ディープインパクトに2世誕生!      競馬界にとってはスーパーホースの誕生か?         父親を超えられるか?    …

記事を読む

No Image

競馬  
  サダムイダテンにつづいてブラックシェルも惨敗!   勝ったレインボーペガサスはアグネスタキオンの子供だし、        是非がんばれ!  きさらぎ賞、芝…

記事を読む

No Image

競馬  
本命が見えない今年のダービー!   どの馬にもチャンスがあ  るぞ!         戦国ダービーだ!昨年から今年にかけてのクラシック戦線では、重賞の勝ち馬が…

記事を読む

ディープインパクト2世誕生!


               ディープインパクトに2世誕生!

      競馬界にとってはスーパーホースの誕生か?   

      父親を超えられるか?

      ぜひ凱旋門賞をとってもらいたいよ!     頑張れ!

    


ディープ1番子誕生、父と同じ鹿毛の牝馬


2008年1月10日(木) 8時50分 日刊スポーツ

 
種牡馬ディープインパクトの第1号産駒が9日、誕生した。北海

道新ひだか町の鳥井牧場にけい養されている母ロングディライト

(母の父ミルジョージ)が午後6時20分ごろ、ディープ2世となる牝

子を出産。予定日より3日早い出産となった。父と同じ鹿毛で体高

は1メートル10センチと牝馬にしては大柄だという。同牧場の鳥

井一吉さん(76)は「生まれてすぐに立ち上がったし、母子ともに

順調です」と無事な誕生を喜んでいる。母ロングディライトの子に

は、昨年の福島記念で2着するなど現役で5勝を挙げているナリ

タプレリュードがいる。

 ディープは06年の有馬記念を最後に引退。昨年から北海道安

平町の社台スタリオンステーションで種牡馬生活をスタートした。

初年度産駒となる今年は順調なら190頭の子が生まれる予定に

なっている。

引用元=http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20080110-00000000-nks-horse
 カテゴリ
 タグ

サダムイダテンにつづいてブラックシェルも惨敗!


  サダムイダテンにつづいてブラックシェルも惨敗!
 
  勝ったレインボーペガサスはアグネスタキオンの子供だし、

        是非がんばれ!
 

きさらぎ賞、芝未勝利のレインボーペガサスがV

17日、京都競馬場で行われた、きさらぎ賞(3歳、GIII・芝

1800m)は、O.ペリエ騎手騎乗の8番人気レインボーペガサス

(牡3、栗東・鮫島一歩厩舎)が、後方追走から直線で末脚を伸ば

し、5番人気スマイルジャックに3/4馬身差をつけ差し切った。勝

ちタイムは1分48秒8(良)。さらにハナ差の3着に7番人気ヤマニ

ンキングリーが入った。1番人気ブラックシェルは最後方追走か

ら直線で大外に持ち出したが伸びを欠き、7着に敗れた。

 勝ったレインボーペガサスは、父アグネスタキオン、母が03年

京都牝馬S(GIII)3着のギャンブルローズ(その父デインヒル)と

いう血統。昨年9月に札幌でデビューし、初ダートとなった4戦目

(京都・ダート1800m)で勝ち上がり。続くもちのき賞(500万下、

京都・ダート1800m)でレコード勝ちを果たし、前走の全日本2歳

優駿(交流GI)では1番人気に推されたものの3着に敗れていた。

今回が芝での初勝利。通算成績7戦3勝(うち地方1戦0勝、重賞

1勝)。

 鞍上のO.ペリエ騎手は96年(ロイヤルタッチ)以来となるこのレ

ース2勝目。JRA重賞は昨年のラジオNIKKEI杯2歳S(GIII、サ

ブジェクト)以来の勝利で通算39勝目。これで95年金杯・西

(GIII、ワコーチカコ)以来、14年連続のJRA重賞勝ちとなった。

管理する鮫島一歩調教師は、06年AJCC(GII、シルクフェイマ

ス)以来のJRA重賞制覇で、通算では4勝目となった。
引用元=http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20080217-00000011-kiba-horse

 カテゴリ
 タグ

本命が見えない今年のダービー!


本命が見えない今年のダービー!   どの馬にもチャンスがあ

  るぞ!         戦国ダービーだ!

昨年から今年にかけてのクラシック戦線では、重賞の勝ち馬が目ま

ぐるしく変わり、なかなか主役が見えてこない。皐月賞トライアルの

弥生賞(G2、芝2000メートル、9日=中山、3着まで優先出走権)

も混戦模様で、一連の流れから重賞未勝利馬に狙い目十分といえ

そうだ。ブラックシェル(牡3、栗東・松田国)は、このレース3連覇中

の武豊騎手(38)が素質を認める大器。力を出し切れば勝ち負けに

なる。
 
 レースのたびに勝ち馬が変わっている現在のクラシックロード。3

月の声を聞くというのに、まだ主役が見えてこない。あの武豊をして

「今年は分からない」と言わしめる異常事態だ。
 
 函館2歳Sから弥生賞までの2、3歳重賞(牝馬限定戦を除く)にお

いて、2勝以上を挙げた馬が1頭もいない。この状況は、89年と93

年に似ている。その時の弥生賞優勝は89年レインボーアンバー、9

3年ウイニングチケット。ともにオープン馬ながら、重賞は未勝利の

新星だった。ウイニングチケットは、豪快な末脚を武器にダービー馬

まで上り詰めた名馬。歴史が繰り返されるなら今年は、同じように決

め手シャープなブラックシェルの出番だ。
 
 重賞勝ちはなくても、前走きさらぎ賞で1番人気に支持された素質

馬。結果は「テンションが上がって、ゲートの中で暴れてしまった」

(武)と、精神面の若さを露呈して7着だった。それでも勝ち馬レイン

ボーペガサスと0秒3差。福寿草特別では4角9番手から鋭く伸びて

キングスエンブレム(すみれS勝ち)を破り、ホープフルS(2着)では

1着のマイネルチャールズ以上に強い競馬を見せている。「キング

カメハメハに雰囲気が似ている」。天才がかぎ取った一流馬のにお

いは無視できない。
 
 この中間は前走の敗因の1つとなったゲート難を解消すべく、入念

に練習を積んだ。「負けた素因を1つ1つ、つぶしていく」(松田国

師)。同じ失敗は繰り返さない。何と言っても、あん上は弥生賞男。4

連覇がかかる武は「この馬は本賞金900万。内容とかいっていられ

ない」と、なりふり構わず1着を取りにいく。勝負気配では16頭の中

で、この馬が一番だろう。
引用元=http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20080307-00000000-nks-horse
 カテゴリ
 タグ

最近の記事

タグクラウド
カテゴリ
Copyright © 温暖化で日本の夏は猛暑だよ。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます