黄砂のカテゴリ記事一覧

温暖化が進み、異常気象がおおくなり、 日本の気候も熱帯気候に似てきており、 人類は温暖化の変化に対応できるのか?

カテゴリ:黄砂

黄砂のカテゴリ記事一覧。温暖化が進み、異常気象がおおくなり、日本の気候も熱帯気候に似てきており、人類は温暖化の変化に対応できるのか?
No Image

黄砂
冬が終わると、春なのだが、今は花粉と黄砂が飛んでくる。  気流の流れだから人為的にはどうしようもない。 これも温暖化の影響なのだろう! 地球全体の風成塵は約15…

記事を読む

No Image

黄砂
花粉の前には黄砂だ! 黄砂は以前にもあったけど、ここまでひどくはなかったろう!九州の一部には飛んできていたんだろうけど、近年は九州だけではなくて、日本全土にま…

記事を読む

No Image

黄砂
黄砂ビル群包む 東北南部で観測 黄砂が東北にまで、とんできたよ。  西の方では車のボンネットにはうっすらと黄砂がつもっていたけど、東北ではまだそこまではいって…

記事を読む

No Image

黄砂
仙台でも黄砂が観測された。昨日、今日と4月のような陽気だよ。温暖化の影響なんだろうな。毎年、暖かくなってるよ。花粉も飛び交うし、黄砂はくるしで、雪もないから、…

記事を読む

春は花粉と黄砂の季節だ!


冬が終わると、春なのだが、今は花粉と黄砂が飛んでくる。  気流

の流れだから人為的にはどうしようもない。 これも温暖化の影響な

のだろう! 

地球全体の風成塵は約15億トン/年(ICPP95から)と見積もられて

います。そのうち東アジアの黄砂は2〜3億トン/年 サハラ砂漠の

風成塵は2〜3億トン/年といわれています。東アジアの黄砂は 

日本には1〜5トン/km2/年、北京には15トン/km2 /月 沈着

していると言われている。2002年3月の黄砂では20トン/km2 

沈着しました。黄砂が地球温暖化に対しどの程度緩和要因として寄

与するか評価するために黄砂全量の把握が重要です。

タクラマカン砂漠、ゴビ砂漠、黄土高原の3地区 併せて日本の面積

の5倍程度にあたります。タクラマカン砂漠は見渡す限りの砂漠で

すが、ゴビ砂漠は5月ごろから草原になります。 ところが過放牧など

が原因で草地が減少しています。そこで砂漠化を防ぐため、方形に

植林が行われていますが、この植林をどこにど の程度植えればよ

いかの適正配置が課題となっています。

引用元=http://www.pref.nagasaki.jp/eiken/taiki/kousa.html
 カテゴリ
 タグ

花粉の前には黄砂だ!


花粉の前には黄砂だ! 黄砂は以前にもあったけど、ここまでひどく

はなかったろう!九州の一部には飛んできていたんだろうけど、近

年は九州だけではなくて、日本全土にまで影響してきたよ。  これ

は花粉よりも厄介だぞ。   社会的影響がどんだけでてくるか?

想像つかないくらいに影響はおおきはずだ!


2008年2月4日、中国気象局の予測によると、黄砂の影響は例年に

比べて大きなものとなる。中国新聞社が伝えた。

中国予測災害予防課の矯梅燕(ジャオ・メイイエン)課長が北京で

開かれた記者会見で語ったところによると、黄砂現象の原因は寒冷

な空気が、地表の砂を空気とともに運ぶことにあるという。春は黄砂

現象が頻繁に起こる季節だが、春の到来に従って雪が溶け、地表

に植物が育つ前に、覆うものがないため砂を構成する物質が盛ん

に動く。さらに、春は冷たい空気の動きが活発になり、これが黄砂を

飛ばすという。

また、最近寒波に襲われた中国西北地方の東部では降雪が比較的

多く、雪に覆われた地表は湿度が高く、黄砂飛散の抑止力になる。

しかし、同時に冷たい空気の影響が大きいため、今年の黄砂は例

年に比べ、頻繁に影響が起こるとしている。

北京の気候も地球規模での温暖化が進む現在、気温も例年になく

高く降水量も少ない。北京気象台は、これにより北京の黄砂も例年

になく多くなると予測している。
引用元=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080206-00000000-rcdc-cn
 カテゴリ
 タグ

黄砂ビル群包む 東北南部で観測



黄砂ビル群包む 東北南部で観測 黄砂が東北にまで、

とんできたよ。  西の方では車のボンネットにはうっすらと

黄砂がつもっていたけど、東北ではまだそこまではいってないよ

うだ。   


 西日本を中心に全国の広い範囲で3日、黄砂が観測され、東北で

も仙台市、いわき市小名浜、福島市、会津若松市で確認された。気

象庁は沖縄から東北南部までの範囲で4日にかけても黄砂が予想

され、視界が悪くなる恐れがあるとして、交通機関などに注意を呼

び掛けた。

 仙台管区気象台によると、仙台では3日午後零時45分ごろ、小雨

に交じった状態の黄砂が目視で観測され、視程(見通しの利く距

離)が10キロ未満に落ちた。

 仙台市内の上空はやや黄色っぽくかすみ、郊外から中心部を眺

めると、高層ビルなどが薄いベールに包まれているように見えた。

 黄砂は、中国内陸部の砂漠や黄土地帯で巻き上げられた多量の

砂じんが偏西風に乗って飛来する現象。日本では3月から5月にか

けて飛来することが多い。今回は2月29日にゴビ砂漠周辺で強風

が吹き、砂が舞い上がったとみられる。
引用元=http://weather.yahoo.co.jp/weather/
 カテゴリ
 タグ

仙台でも黄砂が観測された。

仙台でも黄砂が観測された。


昨日、今日と4月のような陽気だよ。
温暖化の影響なんだろうな。
毎年、暖かくなってるよ。

花粉も飛び交うし、黄砂はくるしで、雪もないから、空気中を飛び交っているよ。


これがこのあとどんな変化をもたらすのだろうか?
 カテゴリ
 タグ

最近の記事

タグクラウド
カテゴリ
Copyright © 温暖化で日本の夏は熱帯雨林だよ。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます